ACCESSPOINT official site

事例17 一人体制のヘルプデスクに採用したいが?

一人体制のヘルプデスクに採用したいが・・・




CASE:17

ヘルプデスク業務の候補者に対するご相談です。指揮命令者となる上司は東京本社にいて、派遣社員は大阪事務所にて一人体性でPCセットアップや障害対応を受け持つ、という特殊な職場環境の仕事です。現在候補にあがっているスタッフは面談の際には意欲的に感じたのですがグラフの波形がとても個性的に感じられます。また前職(ヘルプデスク)は半年で終了しています。この候補者は一人体性のヘルプデスクの派遣条件にマッチするでしょうか?

分析
仕事への意欲が高く、責任のある仕事が期待できます。
自己犠牲の意識を持ちやすいタイプで厳しい環境でも頑張ることができるでしょう。 仕事は任されると能力を発揮できそうですが、基本的な手順、ルールはあらかじめ明確になっていることが必要です(NW:創造性の座標軸ポイントが小さい)。決められていること、やるべきことについては実直に行動することができるでしょう。

またこの人物が力を発揮するためには直属の上司との信頼関係が大切です。距離が離れていても良い人間関係が築けていれば長期間の就業が可能です。反対に不信感を持つようなことがあれば意外とモロく短期間で終了してしまいます(N:協調性W:積極性の座標軸ポイントがともに大きい。)

弱点としては人に関わる事をあまり好まないこと(面倒見のいい方ではありません)、自分の思いをあまり口に出して表現しないこと、責任感が強いあまり、人に対して攻撃的になりやすいこと、またポキッと折れやすい一面も持っていることなどがあげられます。 前職(半年)の退職理由、それ以前の就業期間も合わせて確認されることをお勧めします。

適性検査ASKver5

TEL 045-316-4800 受付時間 9-17:30[土・日・祝日除く]

適性検査ASKver5

PAGETOP
Copyright © 株式会社アクセスポイント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP