ACCESSPOINT official site

事例28 辞めたい本当の理由が見えてこない・・・

辞めたい本当の理由が見えてこない・・・




CASE:28

辞めたいという相談があり、本人が色々と理由付けをしてくるのですが結局本質の辞めたい理由が見えてこないのです。職場の環境に問題があったわけではありません。また本人の希望した仕事を紹介しています。なので私たちにしてみれば何故辞めたがるのかが理解しがたいのです。本人の希望職種は一般事務です。私が紹介したのは庶務事務でした。本人は庶務は好きだと話していました。なぜなのか本当に理解できません。

分析
人当たりがとてもよく、周りの立場に立ってものごとを考えることのできる人物です。いつも自分よりも周りを優先してしまいます。そのため自分の本音は抑え、不本意に思いながらも人に振り回されることがあります。特にネガティブな本音はなかなか口に出しません。不満、グチは自分の中で吸収しようとする性格です。

本人は実は華やかな職場、人とのコミュニケーションの多い職場、そして変化の多い仕事を望んでいます。
今回の派遣先に下記のようなことが当てはまりませんか?
・職場が比較的地味
・周りに同等のコミュニケーションをとる人がいない(高齢者が多いなど)
・強引な指示を出す人が存在する
・業務内容がルーティンワークである
上記の中で職場に該当するものがひとつでもあれば本人の本音はNOです。しかし性格上、それを明確に口にすることはできません。そのため別の理由付けということになったのでしょう。
また、今回のスタッフは一般事務よりも接客、ラウンダー等、変化が多く、人から注目度の高い仕事により適合します。口頭での希望が必ずしも本質を表現するとは限らないのです。

適性検査ASKver5

TEL 045-316-4800 受付時間 9-17:30[土・日・祝日除く]

適性検査ASKver5

PAGETOP
Copyright © 株式会社アクセスポイント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP