ACCESSPOINT official site

事例33 リーダーとうまくいかない

リーダーとうまくいかない












CASE:33

一年前から開発支援チームとして就業している3名(リーダー、メンバーA、メンバーB)についてです。メンバーAより、最近リーダーとうまくいかないと営業担当者に相談がありました。就業スタートから今までは特に問題なく順調にいっていたのですが・・・。どのようなアドバイスをし、今後どのような点に注意したらいいでしょうか。現在メンバーBは休職中となっており、心配です。

分析
リーダーは責任感が強く、目標に対する高い達成意欲があります。良い実績を残してきているのではないでしょうか。リーダーは明るく気さくである一方、目標達成のためには個々の気持ちを後回しにしてでもドライに判断するという一面があります。

メンバーA、メンバーBはW:積極性のポイントが5となっており、9ポイントのリーダーと比べると性格的に優しく、主張することは少ないでしょう。その結果A、Bはリーダーからの圧力を感じ、また振り回されていると感じているはずです。

またWNW:指導性が8ポイント同士では相手を支配したいという思いの人物同士の組み合わせとなり、長くは続きません。
初めはうまくいっていたとのことですが、それはSW:革新性大SE:固執性小の組み合わせによるものです。この組み合わせは気さくで、少々のことは右から左に流してしまう大雑把な気持ちの持ち主であることを示します。しかし時間が経つにつれ、気になるところが目についてくるのです。 比較的敏感なBに最初に影響が出ました。無頓着な性格のAにも遅れて影響がでてくると思われます。 この組み合わせでは今後うまくいきません。リーダーを変えるか、メンバーを変えるかの再編成が必要な時期にきています。

適性検査ASKver5

TEL 045-316-4800 受付時間 9-17:30[土・日・祝日除く]

適性検査ASKver5

PAGETOP
Copyright © 株式会社アクセスポイント All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP